FC2ブログ

202日記

HOME » その他 » Entry

雨の日の雑感

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

> はい、私が勝手に想像する輪廻転生システムでは、前世でうまくいかなかった者同士が、
もう一度近しい間柄で生まれ変わって今生でやり直しを命ぜられますの。
誰に? う〜ん、「宇宙の真理」さんに。 もう一回アナタ達まなび直しなさい、って。
それをクリアしなければ来世ももう一度ですよ、次のステージには行けませんよ、って。
なんかゲームみたいな発想だけど。
だから、この人苦手だなと思う人ほど良い関係を築かなくてはいけない。
・・・そんな気がする。

↑ポジティブですばらしい!
さとちんさんの人柄の良さの理由がわかるような気がします。
あと、「あやふや」、「ファジー」がキライな人でしょ?

Comment by: つかりこ  | 2015年 07月03日 | 編集

こんにちは

私も、苦手な人って、前世で何か・・・って思っちゃう方です。
でも私の読んだ本では、もっとお気楽で、
前世では役割が逆だったから、その分今埋め合わせしてるのよ、
みたいな感じに書いてありました。
例えば、意地悪された人にも、きっと前世で私の方が意地悪してたんだわ。
今世で逆の立場になったから、これでチャラかしら♪って感じ。
クリアしなきゃ!と思うと辛くなってしまうので、
何もしなくても、これで十分、カルマを解消してるのよ〜、
と思う方が気が楽と思います。

ところで!「高台家の人々」とりあえず第1巻だけ買ってきました!
木絵ちゃんの妄想に、もうお腹がよじれるほど笑いましたよ。
楽しいマンガ、紹介してくれてありがとう!

おベント、揚げない酢鶏も簡単でいいですね〜。
レンコンのつくねバーグも美味しそうだわ。

Comment by: 里花  | 2015年 07月03日 | 編集

おはようございます♪

空芯菜売ってたの それは嬉しい
そうそうあのシャキッと感がいいんだよね

我家ドラム式の洗濯機ありません 昔ながらの全自動です^^
乾燥機 子供が学生時代にはあったのね
我々世代乾燥にお金を使うのはもったいないと思うようで(笑
今は急いで乾かす物 何も無し

>母とは“相性”と“間”が悪いのよね、いつも。いつもいつも!そして後味悪くて自己嫌悪

これ判る 私も三人姉妹なのに恵まれていませんね
電話で会話しても私の発言 ことごとく反論されてしまうどうやら相性が
悪いようで
と言うよりも妬み&嫉み おまけに意地悪 二度と後世でも関わりたくはないわ
詳しくは書けないけどね 書いちゃってるけどね(笑

Comment by: はやとうり  | 2015年 07月04日 | 編集

レシピありがとうございます!

レシピありがとうございます!さっそく来週の娘たちのお弁当につくってみます!うまく出来るかな??もしうまく出来たら、ブログ記事にしてよろしいでしょうか??お願いっ!

薄暗い部屋の中でいろんなことが頭に浮かんでくるのは、、、わかります。
でも、さとちんさんは、大人だなって思うのは、、、
お母様とのアレコレを脱却しなくちゃ~とか考えてあげてるってこと。
自己嫌悪ですって!
優しいですね。

アタシも、母と仲が悪いです。
仲良くしようとか、うまくいくよう努力しようとか、もう思えません。
いろんな個性があって、親もいろいろです。
親には親の理屈があり、子どもには子どものソレがある。
考え方が違う。アタシは親の考え方が許せないし、どうしても納得できないのです。

と、アタシと母のこともブログ記事にしようかと、、、
いいよね☆
よろしく~

Comment by: きたあかり  | 2015年 07月04日 | 編集

Re: つかりこさん

え〜? ポジティブですか? そうかな〜。
結構ゆうづうがきかない風に見られるんじゃないかと思いましたが?

> 「あやふや」、「ファジー」がキライな人でしょ?
これは、当たり、かな。
柔軟性のあるものには憧れますけど、あやふやなことに対しては
白黒ハッキリせんか〜い!
と言いたくなるタチではありますね。
やっぱ、そんなふうに見える? (⌒_⌒;

Comment by: さとちん  | 2015年 07月05日 | 編集

Re: 里花さん

> クリアしなきゃ!と思うと辛くなってしまうので、
> 何もしなくても、これで十分、カルマを解消してるのよ〜、
> と思う方が気が楽と思います。
なるほど〜、そう考えると気楽っちゃ気楽よね。
でも、私って意外と自分を責めるクセがあって、例えば
ネガティブなことを考えているときに腕をぶつけたとするじゃない?
そうすると「あ〜罰があたったんだ〜」と考えちゃうんだよね。
誰よりも自分が一番自分の心を知っていると思うから
自分で自分に鞭打っちゃうとこがある・・(そういうとこマゾっぽい)
ふだんはお気楽な生活しているのにね〜。
ヘンなとこで生きにくいクセを持っていたりするのよ〜。やれやれ。

ねっ!「高台家の人々」おもしろかったでしょ〜?
2巻以降も読んでみてね〜♪

Comment by: さとちん  | 2015年 07月05日 | 編集

Re: はやとうりさん

はやとうりさ〜ん、ああ、ここにも母娘関係で
抱えるものをお持ちの方がいらっしゃいましたね。
私は本当は母と仲良くやりたいんです。(皆そうか)
なのに、会話をすると必ずどちらかがどちらかに対し反論の嵐になるんです。
まるで、柔らかい態度に出たら負けになるから、
叩かれる前に先に強い態度に出ちゃえと言わんばかり★
勿論最初からそんな意識でもって向かい合っているわけでははないですよ。
だから、メールや手紙のやり取りくらい距離をおいたコミュニケーションの方が
お互いやさしくなれていいんです。
私はその方が心穏やかで母のことも好きでいられていいんだけど
母は年をとると寂しくなるせいかそうでもないみたい。
ただ有難いことに、うちの娘達が良い緩衝材となってくれることがあり
私は彼女達の存在にすごく感謝しています。
まあ、とにかく難しい問題です。こんなの来世では繰り返したくありません。

Comment by: さとちん  | 2015年 07月05日 | 編集

Re: きたあかりさん

レシピが役に立ってくれたなら嬉しいです♪
もちろんブログ記事にされて構いませんよ〜。
ただコレ私のオリジナルじゃないからね〜、そこらへんヨロシクね〜☆

わかるよ〜。
あかりちゃんの方が私より深刻なもの抱えているよね。
うちは適正距離を保っていればぶつかり合うことないからマシだよね。
私は本当は母とは仲良くしたいと思っているしね。(難しいけど)
人はひとりで抱え込んでいると、
自分が特殊でヘンな性格に思えてくることがあるけど
誰かに打ち明けたとき「あら、私もそうよ」なんて応えが返ってくることも
往々にしてあったりしません?
そんなとき話してヨカッタ〜自分だけじゃないんだ〜と心底安心した経験ない?
私は時々こうして母との関係を愚痴るけど、
自分の精神の健康のために書いているんだよね。
皆さんのコメントに救われることも多いし。(感謝!)
だから、もし、あかりちゃんがお母さんとのこと記事に書こうと思うなら
是非、自分のために書いてください。
でも、きっと、それを読むことで心強く思う誰かがいると思いますよ。
(アタシもそのひとり〜☆笑)

Comment by: さとちん  | 2015年 07月05日 | 編集