FC2ブログ

202日記

HOME » その他 » Entry

イギリス英語とアメリカ英語

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

英語と米語の話ではありません・・・。

フライドポテトはベルギーの名物なのかな、確か・・・?
それでベルギー国民はフレンチフライと呼ばれることに抗議しているんですね。
あれはフランスのものではない!と。

あ~、英語と米語って、一階の言い方も違いますよね?
“CAN”の発音も違うはず・・・。キャンとケインだっけ(^_^;)。

Comment by: バニーマン  | 2015年 07月28日 | 編集

エレベーターとエスカレーターも、英/米ではどっちがどっちだかだよね。
カラーは綴りが違います。
クッキーとビスケット。
サッカーとフットボール、アメリカではフットボールっちゅうと、
アメフトのことですよね。
バゲッジとラゲッジとか。
けっこうありそうですよね。
徹底的に調べるとおもしろそう。

Comment by: つかりこ  | 2015年 07月29日 | 編集

babaは全く英語がわからない
ヴィッキー父さん(jiji)は英語が自称得意なので
今、隣りにいるので、テストしてみた~(笑)
100点満点だったけど
これが英語を得意と言えるかどうかは
babaには全く分からない(^_^;)」

Comment by: baba  | 2015年 07月29日 | 編集

Re: バニーマンさん

フライドポテトは、ベルギー国内では「フリッツ」と呼ばれていませんか?
オランダでもドイツでもフリッツと言っていた気が・・・
あれれ? と思って調べてみたら〜
ベルギーではフリッツと呼んでいるのに
初めてフレンチフライを食べたアメリカ人が、作ってくれたベルギー人を
フランス人と勘違いしてフランスの料理だと思い込んでしまったんだそうですね。
もぉ!そんな勘違いするなーーー!! って話ですよねぇ★

英語と米語、こうしてみると結構違いがあるもんですね。
まあ、言葉は生き物だから時代と場所とともに変化するのも
当然といえば当然なのかな〜。

Comment by: さとちん  | 2015年 07月29日 | 編集

Re: つかりこさん

> エレベーターとエスカレーターも、英/米ではどっちがどっちだかだよね。
イギリス:lift  アメリカ:elevator

> カラーは綴りが違います。
イギリス:colour  アメリカ:color

> クッキーとビスケット
イギリス:biscuit  アメリカ:cookie

> サッカー
イギリス:football  アメリカ:soccer

> バゲッジとラゲッジ
イギリス:luggage  アメリカ:baggage

ま〜だまだ沢山ありますよね〜。
ま、たいていの物はなんとなくわかりますけど
米語の方が私達にはなじみがありますね。

Comment by: さとちん  | 2015年 07月29日 | 編集

Re: babaちゃま

jijiさまは本当に英語お得意なんだと思います。
ひょっとして米語でなくキングズイングリッシュを学ばれた世代なのかしら♪
あ、いや、そんなお齢ではないかな・・・★ (;^_^A
あ〜うらやましいよ〜。
亀の歩みだけどワタクシも精進いたします(脳みその老化防止もかねて)

Comment by: さとちん  | 2015年 07月29日 | 編集

そう言えばシンガポールで

初めまして。

そう言えば昔シンガポールで、ローカルの友達の車で食事に行った時、「念の為に貴重品はブーツに入れておいた方がいいよ」と言われました。イギリス英語で車のトランクのことをブーツと言うことは知識としては知っていましたが、自然に日常で使っていることに妙に感動したことを覚えています。

Comment by: 魔笛  | 2015年 08月02日 | 編集

Re: 魔笛さん

魔笛さん、いらっしゃいませ♪

へぇ〜、トランクのことをブーツというんですね!
そしてシンガポールは米語でなくて英語なんですね!
ブーツなんて言われたら絶対聞き返しているな〜ワタシ。
言葉っておもしろいですね〜。
いろんな国へ行っていろんな言葉を耳にしてみたいです。

Comment by: さとちん  | 2015年 08月02日 | 編集