FC2ブログ

202日記

HOME » » Entry

シシィのこと

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

シシィ

さとちんさんお早うございます!エリザベートはお芝居や映画では知っていましたが、私も歴史と外国人の長い名前に”疎くて”・・・ さとちんさんのダイジェスト版楽しかったです。続きも楽しみに待っています!!

Comment by: tugumi365  | 2016年 11月19日 | 編集

こんにちは♪

おひさしぶりでござーましてよ =^-^=
やっとシャバに出てきました(笑

面白いね 何の苦労もなくこのようなお話を読める
楽しいではありませんか ざくっとなら知っている位かな 彼女のこと

次回も楽しみにしています =^-^=

Comment by: はやとうり  | 2016年 11月19日 | 編集

Re: tugumi365さん

tugumi365さん、ありがとうございます!

> さとちんさんのダイジェスト版楽しかったです。続きも楽しみに待っています!!
そう言っていただけると嬉しいです。
最近、頭に入れたつもりでもしばらくすると忘れることが増えてきました。
やっぱり書き留めると定着しやすいので、これに限ります。
人に物語あり、ですね。シシィという女性の人生は物語に満ちています。
続きもそのうち書きますね〜。

Comment by: さとちん  | 2016年 11月19日 | 編集

Re: はやとうりさん

はやとうりさん、退院おめでとうございます!
姐さん、シャバの空気はどうですかい? エヘへ★

いや〜、人生ってのはいろいろあると思ってはいましたが
貧乏人は貧乏人なりに、お金持ちの人はお金持ちなりに
いろいろ種類の違う苦労があるようですねぇ。
シシィのドラマ、次回は嫁姑バトルに突入です!

Comment by: さとちん  | 2016年 11月19日 | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment by: -  | 2016年 11月19日 | 編集

Re: 鍵コメさん

鍵コメKさん、ごめんなさいね、紛らわしい書き方していました。
シシィは、ヴィッテルスバッハ家のマキシミリアン公爵家の次女として生まれ、
嫁いだ後に(ここ大事)ハプスブルク家の一族に加わったのですよね。
承知してはおりましたが誤解を招く書き方してしまいました。
「結婚後・・・ハプスブルク家の一族となり」と書き直しましたぁ!
これでダイジョウブかな〜?
一応、見辛いけど家系図も載せておきますね。
鍵コメKさんは、そっか〜、ハプスブルクヲタクでありましたか!
シシィにまつわる興味深い逸話などご存知でしたら教えてくださいましね〜。
ヨロシク♪

Comment by: さとちん  | 2016年 11月20日 | 編集

題名忘れました

でも、これをテーマにしたコミックスが、あったはずですーーー(昔読んだ覚えが)。
どのぐらい、史実に忠実なのかわかりませんが、今、絵が頭に思い浮かびました。

Comment by: まこ  | 2016年 11月20日 | 編集

こんにちは

おてんばシシィの波乱の人生、私も詳しいことは知らないので、
すごく興味深いです!
公爵のお父さんがチター奏者に扮し、自分も民族衣装を着て、
銅貨を投げてもらった思い出の話、これは何だかいいですね〜♪
ああ・・・でも嫁姑問題、これはきつそうだねえ。
続きも楽しみにしてますね〜。

Comment by: 里花  | 2016年 11月20日 | 編集

Re: まこさん

まこさんも漫画好き?仲間デスネ(笑)
たしか名香智子さんが描いていたはずです。残念ながら私は読んでいませんが★
もう、めっちゃ漫画やドラマに描きやすい人生だと思います。
史実はともすれば伝わるうちに歪んできたりするものかもしれませんが
だとしてもこの人の魅力や人生のドラマチックさは相当なもんですわ〜。
今まで興味のかけらも無かった分、逆に新鮮で
いろいろ知って「へぇ〜」と目を丸くしているワタシです。

Comment by: さとちん  | 2016年 11月20日 | 編集

Re: 里花さん

> 公爵のお父さんがチター奏者に扮し、自分も民族衣装を着て、
> 銅貨を投げてもらった思い出の話、これは何だかいいですね〜♪
うん、なんだか愉快なトーチャンですよね。
こういった経験が影響したのかどうなのか、
皇后になってからもシシィはお忍びでウィーンの街へ出かけたみたいですよ。

> ああ・・・でも嫁姑問題、これはきつそうだねえ。
これは・・・どうやら人類共通の永遠のテーマらしい?

Comment by: さとちん  | 2016年 11月20日 | 編集