FC2ブログ

202日記

HOME » » Entry

シシィのこと(2)

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

自分とは全然違う世界の人のことなのに、姑さんとの戦いなんて、もんのすんごくわかるわ。そ~なのよ!夫を頼ろうにも、その夫の理解が無いって話、よく聞くわよ!
「そんな程度の低いもんに俺様はかかわれないゾ。勝手にやっててくれ。うまくやれないなら自分が悪いんだ~い」
そんな感じ。
あ~続きが楽しみだす。

Comment by: きたあかり  | 2016年 11月21日 | 編集

こんにちは

夫のヨーゼフさんに言いたいよ。
あんたが見初めてお姉さんじゃなくこの子にしたんだから、
最後まで責任持って、守ってやらんかい!とね。
まあ夫婦仲が良かったなら、幸せな時もあったんでしょうね。
でもそれでなおのこと、姑は意固地に意地悪したのかなあ。

あー、今なら即別居とか離婚なのに、この時代、この立場では
耐えてやり過ごすか、心身を壊すかしかなかったんだろうなあ。
さとちんの語りで、シシィさんがすごく身近に感じられますよ。
また続きを楽しみにしてますね♪

Comment by: 里花  | 2016年 11月21日 | 編集

Re: きたあかりさん

こういう嫁姑問題って、古今東西ある話なんでしょうかねぇ。
いや〜、親近感わくよねぇ、こういう話には。
仕事、仕事ってねぇアナタ、そりゃ仕事は大事だけど家庭にも目を向けてよね!
って思うわよね〜。
あかりちゃんちは〜??

Comment by: さとちん  | 2016年 11月22日 | 編集

Re: 里花さん

> 夫のヨーゼフさんに言いたいよ。
> あんたが見初めてお姉さんじゃなくこの子にしたんだから、
> 最後まで責任持って、守ってやらんかい!とね。
そうそう、本当にそうよね。
でも、このヨーゼフさんのちょっと肩を持つと、
彼はすごく真面目に国政にあたっていたらしいです。
だけど〜、母親と嫁に挟まれて・・っていうのは苦手だったみたいねぇ。
つーか、姑の力が絶大すぎたのねぇ。
それも追々書こうかと思いますが、力は強いだけでは駄目ですね。
力を注ぐ方向と量も考えねば。

> あー、今なら即別居とか離婚なのに、この時代、この立場では
> 耐えてやり過ごすか、心身を壊すかしかなかったんだろうなあ。
うーん、夫婦間に愛はあっても周りの状況がアレだとアレですよね。
某国のやんごとなき御家庭でも奥様が心身のお具合い悪くされてますものねぇ。
たいへんですわ。

Comment by: さとちん  | 2016年 11月22日 | 編集