FC2ブログ

202日記

HOME » その他 » Entry

穴を塞ぐ

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

おもしろーい。

ちなみに、うちの家の壁は壁紙の下は石膏っぽいパラパラだったので、そういうペーストを買ってきて埋めました。材質別ふさぎ方とかがあるんでしょうね。
木のテーブルなら割りばしとかつまようじ?

ちなみに前回の日記にコメントできなかったわけは、つまり私はどんぺりによんというものを見たことも、飲んだこともないからですw。

Comment by: まこ  | 2017年 02月22日 | 編集

私見ですが、

パテを詰めた跡、スグに水を含ませた、、硬く絞ったタオルでふき取ると、、自然さが増すようです。部屋の隅や柱との隙間?などにも応用できると、、、思いますが、、

Comment by: フゥーさん  | 2017年 02月23日 | 編集

修復の魅力

こんにちは~。

最近は和風総本家などテレビ番組でも、いろんなものの修理・修復を見せてますよね。

作りっぱなしではなく、修復まで手掛ける職人さんの在り方ってかっこいいと思います。

私がただいま手掛けている修理は室内履きのカカトにあいた大穴を繕うことです。ああビンボくさい。

Comment by: ぢょん でんばあ  | 2017年 02月23日 | 編集

Re: まこさん

なぜ穴が空いたかというと、この壁はまこさんとこと同じ?石膏ボードで
釘がとまらずに穴が空いてしまったんです(泣)
だから、つまようじ法はイマイチかな〜と思って、たまたまあったパテ使いました。
木製品ならつまようじで、ちょいと寄木風になっていいんですけどね〜。笑

どんぺりによん、お高級品だけど近所のスーパーマーケットにも置いてましたよ。
昨日気づきました。案外そこらで目にしているかもしれませんよ〜。

Comment by: さとちん  | 2017年 02月23日 | 編集

Re: フゥーさん

> パテを詰めた跡、スグに水を含ませた、、硬く絞ったタオルでふき取ると、、
> 自然さが増すようです。
そうなんですか〜。
次やる時は覚えていて、そのようにやってみたいと思います!
ありがとうございます。

Comment by: さとちん  | 2017年 02月23日 | 編集

Re: ぢょん でんばあさん

ぢょんさん、お久しぶりです!
修復を手がける職人さんて、ふたたび物に命を吹きこみ蘇らせるところが
神々しくみえて素敵ですよね。

> 私がただいま手掛けている修理は室内履きのカカトにあいた大穴を
> 繕うことです。ああビンボくさい。
いやいやいや、愛着のある物は穴があこうが裂けようが直して使いたいもの。
この豊衣飽食の時代だからこそ、ビンボくさ風が逆にかっこいいんですってば★

Comment by: さとちん  | 2017年 02月23日 | 編集

こんにちは

すごい!きれいに穴が塞がってる〜!
こういう作業って、結果が見えてやりがいがありますね。
(でも私は面倒でなかなかやらないけど・・・)
そうか・・・絵画修復も似たようなもの⁉︎

Comment by: 里花  | 2017年 02月23日 | 編集

Re: 里花さん

いえ、そんな、絵画修復と同じように考えちゃバチがあたりますよね★スミマセン
まあ、普段やらさない作業をしながら遠い昔を思い出しただけです。
「考えるより即行動」これが最近の私には足りない気がします。
なんでも億劫がらずにやることにしよーっと。

Comment by: さとちん  | 2017年 02月24日 | 編集