FC2ブログ

202日記

HOME » 映画 » Entry

セッション

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

こ、これ、、、見たけれど、鬼教師ぶりにひいちゃってダメだったわ。ひどすぎるよ。
「ふ~ん。そんなに音楽が好きなんだ。へぇ~そうかい。あっしには関わり合いの無いことでござんす、さようなら」
と逃げたくなりました。笑

Comment by: きたあかり  | 2017年 04月24日 | 編集

>よかった!

ですか・・・?(^_^;)

スゴイ作品ですけど、面白い映画ですけど、う~ん、・・・、
そういう映画です。
って、訳わかんないですね(笑)

Comment by: バニーマン  | 2017年 04月24日 | 編集

クオリティ高いし、観ていて体に力が入ってしまうくらいすごいテンション。
でも、そうそう、あのセンセの仕打ちは生徒の成長を願うがゆえの「愛」なのか、
演奏のうまいやつに対する「憎しみ」なのかわからないですよねぇ。
「憎しみ」だったとしてもいいのですが、なぜ、憎しみを持っているのか
わからせてほしかったです。(想像はできるのですが)
そこんとこしっかり腑に落としてくれないと、これはホラー映画でしょ。
いや、でも、すごい映画なことはたしかですよね。

Comment by: つかりこ  | 2017年 04月25日 | 編集

Re: きたあかりさん

私も最初は引いたよ〜〜。
でも、観ているうちに主人公じゃないけど「なにクソ」という気持ちがわいてきて
じぇ〜〜〜〜ったい負けるものか!と感情移入しちゃいました。
私は、追いつめられてそこから立ち上がる系の話が好きなんだわ★

Comment by: さとちん  | 2017年 04月25日 | 編集

Re: バニーマンさん

え? そですか?
単細胞なワタクシは、面白い=よかった! なんでござんすよ。
この映画は、音楽とは何ぞやとか、演奏技術のことを考えすぎずに
ある意味オタクな二人のしのぎの削り合いドラマとして観た方が楽しめますね。
私はそういう楽しみ方をいたしました。

Comment by: さとちん  | 2017年 04月25日 | 編集

Re: つかりこさん

> 観ていて体に力が入ってしまうくらいすごいテンション。
力入った!!(笑)

> あのセンセの仕打ちは生徒の成長を願うがゆえの「愛」なのか
在学中のしごきには愛は介在していたと思います。
しかし、最後のは職を奪われたのはオマエのせいだ〜という怒りと復讐、
オマエ程度の奏者は目の前から永久に消え去れという憎しみしか感じませんでした。
しかし、オマエ程度と思っていたニーマンが完璧なテンポで演奏しました。
その完成度だけは否定のしようのないものだったんでしょうね。
もし、それをも否定していたら、フレッチャーは本当にただの鬼!クズ!
になりさがっていたでしょう。
私はフレッチャーは嫌いだけど、最後に救いどころを見た思いになりました。

Comment by: さとちん  | 2017年 04月25日 | 編集