FC2ブログ

202日記

HOME » 映画 » Entry

LUCY/ルーシー

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

ちはー

この映画のおもしろいところは、個人的には
脳の能力が100%になった時に、ヒトの英知のすべてが
現出される・・・というだけではなくて、
第六感というか霊力というか超能力みたいなものが発現する、
というところだと思いました。
「おっ、そうきたかあ」って感じ。

> 覚醒が頂点まで進むと感情が欠如してくることを本能が察して、
> 脳はあえて10%程度の現状に留まることを選択したのではないだろうか〜?!

↑ 遺伝子系の本などからの入れ知恵がないでおっしゃっているとしたら
あなたは天才かも? てんさーい!
ソシオ・バイオロジーと呼ばれる学問の世界では、
「感情」って、「自己欺瞞能力」=自分で自分をダマす能力
の一つだと意味付けられているようです。
なんで、自分をダマすのが立派な能力なのかというと、
世界中の人間が同じ答えを出して同じ行動をとらないようにするためです。
全部の人間が同じ性質の頭脳で同じ行動をとっていると、
同じ性質の敵や災難に出くわすと、全滅するからです。
動物や昆虫は、より健康でより頭がよくて、より強いオスやメスばかりが
猿山や蜂の巣のボスとなって生殖をしますが、
ヒトは異性の好みや感情がいろいろだったりしてたりして、
いろいろなカップルができるでしょ?
ヒト遺伝子が全滅を防いで、一つでも多く種を残そうとして、
いろんな感情などが作用して、正解だけを選ばない(間違いさえも選ぶ)
ようにしているんだそうです。
つまり、脳はあえて脳の覚醒を10%程度に自ら留めているのではないか、
という考え方はこの学問のセオリーでいえば、納得のいく説ですよね。
天才?

でも、この映画は脳の100%活用において、超能力の覚醒という
ハッとすることは描いていますが、おっしゃるように「感情」という
人間の脳の能力については、覚醒とか拡張というのではなくて「欠如」
という方向しか見えなくて残念です。
たとえば、脳が100%覚醒した瞬間に、脳の覚醒が5%に戻ってしまった、
みたいな結論だと、なるほどー、おもしれー、と僕は思うのですが。

この前のAIの進化のハナシと同じですよね?
AIがホントに最高レベルに進化したら、正確な答えだけを出すのではなく、
感情も加味するようになって間違いも犯すようになるのでは?
それまでは、AIではなくロボットでは?というのと同じ。

映画評サイトの点数は、とても気になりますよねぇ。
でも、個人的には当たりはずれが歴然とあるので、
50%くらいしか信用していませんねぇ。
でもでも、世間的にものすごく評判がいいのに、
自分は楽しめなかったという時には、なんでそれがトレンドに
なっているのか真剣に考えます。
しょうがないんです、そういうマインドを放棄すると
仕事にならないんですわー。

Comment by: つかりこ  | 2017年 10月06日 | 編集

切なかった

こんにちは。
私もこの作品好きですよ。
あんまり細かいことは覚えてないんですけど、すごーく切なかったのを覚えてます。
ルーシーが母親に電話するシーンで、ウルウルしてきたはず。
ちょっと「レオン」に似ているような気がしました。
リュック・ベッソン好きならTAXiのシリーズは必見かと。
バカバカしくて楽しいですよ。

Comment by: ケフコタカハシ  | 2017年 10月06日 | 編集

この

半分以下しか機能してない説、根強いですよね。脳科学が発展してもっとわかるようになったら面白いでしょうね。結構分野別に働く場所が違うらしく、「いちどきに」動いている場所は少ないそうですが、コンピュータみたいにもっと効率があがるかといわれると、そうもいかないのだとか。
こういうストーリー、好きです。なんていうか、自分も覚醒したら超能力者になれそうじゃないですか。
暴走しないように、リミッターがあるけど、あえてそれを切ったら。怖そうだけど、見てみたいような…こういう気持ちになるのが、いい映画レビューってことなんですよね、ごちそうさまでした。

Comment by: まこ  | 2017年 10月07日 | 編集

Re: つかりこさん

>> 覚醒が頂点まで進むと感情が欠如してくることを本能が察して、
>> 脳はあえて10%程度の現状に留まることを選択したのではないだろうか〜?!
> ↑ 遺伝子系の本などからの入れ知恵がないでおっしゃっているとしたら
> あなたは天才かも? てんさーい!
入れ知恵ナッシーーーング! って、え?じゃあ、ワタシって天才?☆
やったぁ〜♪ ソシオ・バイオロジー? なんすかソレ? レベルです、はい。

> ヒト遺伝子が全滅を防いで、一つでも多く種を残そうとして、
> いろんな感情などが作用して、正解だけを選ばない(間違いさえも選ぶ)
> ようにしているんだそうです。
へぇ〜。選択の間違いをことあるごとに繰り返すワタシには心強い説ですね。
ワタシは個人としてはダメでも、種の保存の観点からするとオッケーてわけだぁ。
気持ちが明るくなりますね(笑)

> でも、この映画は脳の100%活用において、超能力の覚醒という
> ハッとすることは描いていますが、おっしゃるように「感情」という
> 人間の脳の能力については、覚醒とか拡張というのではなくて「欠如」
> という方向しか見えなくて残念です。
うん、うん、うん。さすが、つか兄い!
そう、そこいらをグッとうまく描いてくれてたら星★5つ付けたと思います。

映画評サイトは、たしかにあまりアテにするのもアレでナニですが
自分の勘だけで借りて当たりだったらチョー嬉しいのですが
お金払ってハズレだったときのガッカリ感がハンパないので
ついついディスクをカゴに入れる前にサイトチェックしちゃうんです。
とっても貧乏性なんだと思います。そんな自分がちょっと哀しい★

Comment by: さとちん  | 2017年 10月08日 | 編集

Re: ケフコタカハシさん

ケフコタカハシさん、お久しぶり〜。
ケフコさんもこの映画お好きなんですね。

> あんまり細かいことは覚えてないんですけど、すごーく切なかったのを覚えてます。
> ルーシーが母親に電話するシーンで、ウルウルしてきたはず。
あ〜、あそこは印象的なシーンですよね。
ルーシーのこみ上げる感情の波を感じました。
でも、あんな電話をもらったお母さんはビックリしただろうな〜。

リュック・ベッソンは特に好きというわけではありませんが・・・
あ、『コロンビアーナ』観ました。あれも面白かったです。
それこそ『レオン』風でしたね。
『TAXi』シリーズ、今度観てみますね。

Comment by: さとちん  | 2017年 10月08日 | 編集

Re: まこさん

脳については、医学的にも心理学的にもその他の分野においても
とても興味深いですよね〜。体内に抱える “宇宙” のように思えてきます。
まこさんがこの作品を観てみたくなったのならとても嬉しいわ。
記事にも書いたけど『リミットレス』とあわせて観ていただくと
更に面白いと思います。秋の夜長に是非ご覧あれ〜デス。

Comment by: さとちん  | 2017年 10月08日 | 編集