FC2ブログ

202日記

HOME » その他 » Entry

最近考えていること

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

さとちんの文章を読んでいて、「そういえばアタシ、人の痛みがわからない人間だなあ」って改めて思わされたよ。なぜか、周りが、自分より恵まれているようにばかり思えるの。いかんなあ。決して、そんなことないのにね。
とりあえず、近所に出来たばかりのフードバンクの事務所へ、何か差し入れられるものがないか、考えよう・・・。あ、何もない・・・!

Comment by: きたあかり  | 2020年 11月10日 | 編集

読んで心が温まったよ

>何事も経験(疑似体験を含めて)を積まないと
>凡人は他者の痛みがわからないものかもしれない。

そのとおりよね。
最近よーくそう思う。
肉体的な衰えからくる苦痛も、若いころに想像したのとは別物だったし、親に連絡もよこさないと愚痴られると、束縛がきつくて苦痛って思ったけど、寂しかったんだなと最近はわかる。実際に経験しないと気が付かなくて、善意の空回りに今頃気付いたり。
まわりの人への配慮の足りなさを後悔することが増えてます。
経験しなくても想像できる知識をつけて、温かい人になりたいね。
さとちん、温かい気持ちをありがとう。



Comment by: フジカ  | 2020年 11月10日 | 編集

姐さん、僕まで気持ちが温まりました

Comment by: ツキ  | 2020年 11月10日 | 編集

ふ〜みんまま

私も最近そう思うことが増えました
今とても辛い場所にいるからかな・・・(;_;)
ほんの小さな一言でも、自分に向かって発信してくれているような
そんな気になって涙がボロボロこぼれる今日このごろです

Comment by: -  | 2020年 11月10日 | 編集

ごめんなさい!!
タイトルに名前を入れてしまったーー!!!

Comment by: ふ〜みんまま  | 2020年 11月10日 | 編集

それでも

体験したことしかわからないから、といっても、それをわかっていて、トンチンカンなアドバイスをしないだけでも、十分だと思いますよ。「悪気がなく」「良かれと思って」、言ってくれているのはわかるんだけど、愛想よく相手をするのが疲れる…という人はいますからね。人を助けるのは、難しい。昔はそうは思いませんでした。一生懸命やればいいのだと思っていたものです。でも一生懸命であることなんか、何の足しにもならないこともあるのだということを、覚えることになりました。
 いっそ、手出しなんかしないほうがいいこともあるのだと。そのあたりまだまだ、加減が難しくて、わかっていないのですが。

Comment by: まこ  | 2020年 11月10日 | 編集

さとちんのお言葉は深いなあ~。
うんうん。その通り!

優しい気持ちがないと浮かばないことだわ。

私なんかは、嫌なことがあった人をいまだに憎んでる💦
これは絶対良くないこと。(自分自身にも)とわかっているのに、忘れられない・・・。
なんて小さい人間だろうね。

さとちんを見習わなくちゃ!!(^^)/
頑張るね!

Comment by: とも  | 2020年 11月10日 | 編集

私も時々同じことを思ったりしています。なので、ホームレスの老人や美しい音楽を奏でてくれるストリートミュージシャンに少額の寄付をしたり、教会でろうそくを灯してみたり。この間はネットフリックスの「未解決ミステリー」で東北大震災の映像を改めて見て、まだまだ大変な人たちがたくさんいるんだなぁと思い、悲しくなりました(このシリーズに東北大震災の話が加えられていたのは、違和感がありましたが)。
私も、少しずつ何かの誰かのお役に立てればいいなと思います。日本ももっとボランティアやドネーションの文化が育つといいですよね。

Comment by: Rose  | 2020年 11月11日 | 編集

そう思うことあります。でも、結局何もできない現実です。

さとちんさんは、お孫ちゃんたちのお世話したりして、お子さんたちの手助けを積極的にされていて、すごい優しい方だなと思います。

人の痛みを知っても、何もできないことが多いので、せめて身近な親や家族に優しく接する・・・と心がけてはいるけど、母の(相性が悪い)返しにイラっとしてしまい、言葉がきつくなったりして、反省の日々です。

Comment by: レツゴー一匹  | 2020年 11月11日 | 編集

Re: きたあかりさん

あかりちゃんは人の痛みがわからないなんてことはないよ。
やさしい人だと思うよ。
私もそうだけど、気がつかなかったり目が向かなかったりするだけなんだと思う。

> なぜか、周りが、自分より恵まれているようにばかり思えるの。
> いかんなあ。決して、そんなことないのにね。
私もそう思うことある。人って、つい足りないものをチェックしちゃうんだよね。
でも、よーく自分の身を振り返ってみると生きていくのに困らないだけのものは
十分揃っていることに気づく・・・と、無い物ねだりをした自分が恥ずかしくなる。
何年生きても ↑↑ その繰り返しだよ。わたしゃ修行が足りんのう(笑)

Comment by: さとちん  | 2020年 11月11日 | 編集

Re: フジカさん

ああ、あるある。肉体的なあれやこれやも親が言っていたのはこういうことだったのか!
とわかってくることがあるよね。私の場合、遺伝している神経痛がそれだわ(笑)
反面教師でありながら、どうしてそのような言動に出るのかも親の立場になってみて
理解できたりして・・・なかなか最初からわかりあえるというのは難しいものです。

> 経験しなくても想像できる知識をつけて、温かい人になりたいね。
んだね、フジカちゃん。知識と想像力、これが人には大切だよね。

Comment by: さとちん  | 2020年 11月11日 | 編集

Re: ツキさん

ツキさん、寒くなりましたからね。風邪を引きませぬよう。

Comment by: さとちん  | 2020年 11月11日 | 編集

Re: ふ〜みんままさん

> ほんの小さな一言でも、自分に向かって発信してくれているような
> そんな気になって涙がボロボロこぼれる今日このごろです
わかります、そういう気持ちになる時ってありますよね。
何気ない一言に心が軽くなることがあります。
ふ〜みんままさん、大丈夫ですよ。今にぱーっと光が射してきますよ。がんば!

Comment by: さとちん  | 2020年 11月11日 | 編集

Re: まこさん

まこさん、そうですよね、難しいですよね。何が正解ってことはないから。
でも、誰かのために一生懸命考えてしたことならば
そんなに悪い結果にはならないような気がします。
一番冷たく思えるのは無視することかな。
無視と手出ししない・・・似てるけど心根のところでちょっと違うのかな。
相手を思ってのことか否かで。

Comment by: さとちん  | 2020年 11月11日 | 編集

Re: ともさん

ともちゃん、私はどっちかっていうとクールなタイプなのよ。
だからこうして反省文?を書いてるんじゃない(笑)

> 私なんかは、嫌なことがあった人をいまだに憎んでる💦
> これは絶対良くないこと。(自分自身にも)とわかっているのに、
> 忘れられない・・・。
> なんて小さい人間だろうね。
憎むべき理由のある相手なら憎んでいいですよ。私が許す(笑)
私にもいます。たぶん一生許す気が起きない相手が。
ともちゃん、正当な理由があるんなら二人して大いに憎み続けよう!

Comment by: さとちん  | 2020年 11月11日 | 編集

Re: Roseさん

Roseさん、誰かの役に立てるって素敵ですよね。
私はまずRoseさんは旦那様の役にすごく立っていると思いますよ。
そして旦那様はRoseさんの心の支えに。
いつも素敵なご夫婦だなぁと思っていますもの。
日本はドネーションの文化は今ひとつかもしれませんが
ボランティア精神は諸外国に自慢できるレベルだと思っていますよ。
毎年のように日本では自然災害が起きますが
その度に復興のためとても多くの人がボランティアで集まるのですよ。
最近、日本が一番暮らしやすいなぁ〜と思うワタクシです。

Comment by: さとちん  | 2020年 11月11日 | 編集

Re: レツゴー一匹さん

> せめて身近な親や家族に優しく接する・・・と心がけてはいるけど、
> 母の(相性が悪い)返しにイラっとしてしまい、言葉がきつくなったりして、
> 反省の日々です。
あはは、それってまったく私と同じですよ〜。
だから今回、反省して電話してみたんですから〜。
えーと、たぶん私が娘を積極的に手助けするのは、
私と母のような関係になりたくないから。
孫の世話に一生懸命なのは、私がおばあちゃんっ子だったから。
そんな裏事情が横たわっているだけの話なので
やさしい人と言われると戸惑ってしまいます(汗)
それと、私はボランティア活動とかするガッツないです。
その代わりと言ってはなんですが、袖振り合うも多生の縁じゃないですけど
ご縁のある人には温かい気持ちで接することが出来る、そんな自分でいたいな
ただ単にそう思っているだけなんです。反省のかたまり。

Comment by: さとちん  | 2020年 11月11日 | 編集